スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

江ノ電の旅

江の電 のるよ〜 ワクワクっ


先週の金曜日。
なみのりパパさんが お休みだったので
プチプチ旅行を 計画し 実行してきました。

その プチプチ旅行と言うのは
↑の写真を見れば あっ!!!
と わかる方も たくさんいらっしゃるはず。

そう ↑の写真は 江ノ電乗り場。
乗り物好きの ちびのりと どんぐりを連れて
まだ 乗った事の無い(息子達がね!)
江ノ電の旅を 計画したのです。

初めて乗る 江ノ電乗り場に向かう ちびのり。
ちょっぴり ドキドキ そして ワクワク。

大好きな絵本を 絵本バックに入れて
江ノ電の旅に さあ 出発!!!

江の電
*画像お借りしました*
画像をクリックすると 江ノ電散策マップに 飛びます。


旅と言っても 江ノ電の 一日パスポート のりおりくんを買って
藤沢駅から 鎌倉駅まで
子供達の様子を見ながら 時々下車して
往復するだけの 本当に 電車の乗る事がメインの旅。

この旅を 計画&実行しようとした きっかけは
↓の 図書館で借りてきた 2冊の絵本。

江ノ電の絵本

まちからうみへ-はしれ江ノ電-

江ノ電の絵本2

うみのでんしゃ ぼくらの江ノ電

それはそれは 熱心に 絵本を眺めてて
毎日 朝起きると すぐに
「お父さん 起きて!!!これ読んで!!!」
って 感じで 寝ている なみのりパパさんを
起こすのが 日課になってるほど。

日中 この絵本達を 読むのはもちろん
夜寝る前にも この江ノ電の絵本。

江ノ電に始まり 江ノ電に終わるって感じ(笑)

そんな姿を見た 私たちは
これはもう 江の電に乗せてあげるしか ないでしょう!!!
ということが 始まり。

江ノ島に到着


さすが 夏休み期間中。
平日にも関わらず 江の電に乗りにきた
乗り物好きな 親子連れで にぎわってました。

人気は やはり 先頭車両の 運転席のすぐ後ろ。
私たちも その場所を狙ったのですが
先客がいて 無理でした。

が 海側の窓際を しっかりキープ。
ちびのりも どんぐりも 窓にへばりついて
外の眺めを 楽しんでました。

みんな 鎌倉まで 行くのかと思いきや
ほとんどの方が 江ノ島で下車。
きっと 江ノ島水族館にでも 行くんでしょう。

そのスキに ちゃっかり 運転席の後ろの席を
しっかりゲットして いざ 鎌倉へ!!!

運転席に 興味津々


運転席の後ろをキープした ちびのり。
運転席に 興味津々。

真剣に 運転席や 運転席からの眺めを
見入ってました。

一番前の席 超特等席です


いつもは 車で通る この景色も
江ノ電からだと また 違った風に 見えます。

運転席の後ろ側。
目の前には こんな風に 線路が続いていて
大人の 私たちも この眺めを かなり楽しんでました。
ちびのり達が 夢中になる気持ちも
よくわかります。

電車とのすれ違いも 迫力満点


こんな風に 電車のすれ違いも 迫力満点。
景色を楽しんでたら あっという間に 鎌倉駅に到着。

せっかく鎌倉に来たから
あちらこちらと 寄り道したい私だけど
ここは ぐっと我慢。

だって 今日の主役は ちびのりと どんぐり。
そして 電車に乗る事が 一番の目的ですもの!

鎌倉から そのまま折り返してもよかったのですが
あまりにも暑かったから ちょっと下車して
休憩タイム。

アイスクリーム おいしいね!


暑くて 歩きたくない!!!
ってグズル ちびのりを なんとか 頑張って歩かせ
頑張った印に アイスクリーム。

ソフトクリーム1コを買って
ちびのりと どんぐりが シェアしてたはずが
どんぐりも 一人前に ソフトクリームを手にしてます。

なぜ???

私たちのように 休憩タイムで
ソフトクリームを食べていた おばちゃん。
子供をネタに
「お金もかかるけど 今が 一番良い時よ〜」
なんて 子育て先輩の おばちゃんの経験談などを
交えて しばし おしゃべりタイム。
こういう風に 地元の方とのおしゃべりも
旅ならではの醍醐味。

しばらくすると どんぐりに 「どうぞ これ食べて!」
と ソフトクリームを くださったんです。
もちろん 私たちは 遠慮してたんだけど
当のどんぐりは ちゃっかり手を伸ばして
遠慮なく いただいてました(笑)

なんとも 大満足の お二人さん。

帰り際には 「これ おいしいわよ!」
って 持っていた 塩飴も くださったりして
色々 親切にしていただきました。
どなたかお名前も聞いていませんが
本当に どうもありがとうございました。

極楽寺で 電車見学!


ソフトクリームを食べ 元気になった 子供達。
次の目的地は 今回の旅で
絶対に 連れて行ってあげたかった場所。

それは 極楽寺駅にある 江ノ電の車庫。
私は もちろん ここに江ノ電の車庫があるなんて
全然知らなかったのですが
絵本の中に ココの車庫の事とか 書かれていたので
ぜひぜひ 連れて行ってあげたいって
なみのりパパさんの 強い希望。

この車庫は 極楽寺駅から すぐ側なのですが
なにせ この炎天下の中
子供達を連れて歩くのは 大変。

どんぐりも 興味津々


でも 車庫に到着すると 疲れてた 子供達も 復活。
どんぐりも つま先立ちしながら
↑のように 車庫の中を 覗き込んでます。

ちびのりも 熱心に 電車を覗き込んだり
整備している 整備士の方の
仕事の様子を 覗き込んだりしてました。

整備中の 電車


時々 電車の中から 作業員の方が
ちびのり達に 手を振ってくれたり・・・。
時々 線路を通る 江ノ電を 見送ったり・・・。

そして 電車を見ながら 日陰で
持ってきてた おにぎりやら
途中で買った かまぼこやらを
食べて なんとも簡単な お昼ご飯(笑)

本当は 稲村ケ崎とかで降りて
海岸で お昼ご飯を食べようかって
計画してたんだけど この暑さの中
子供達を連れて 行くのは ムリってことで
急遽 予定変更。
まあ 今回の旅は 子供の様子を見ながら
ムリをしないことが 第一条件でしたから。

逆に 子供達にとっては
電車を見ながら ご飯が食べられて
よかったみたいです。

鎌倉〜藤沢の眺め いいね!


電車の車庫で 大はしゃぎした どんぐり。
帰りの電車の中では 私に抱かれて お休みモード。

ちびのりも さすがに 疲れて
ウトウトしてました。

もちろん 帰りも 運転席の後ろをキープ。
江ノ島までは 座れませんでしたが
江ノ島からは 一番前に座って 帰ってきました。

↑の写真。
江ノ電からの江ノ島の写真を撮ったのですが
どんぐりを片手で 抱っこしてたのと
立ち位置が 悪かったのとで イマイチ・・・。

でも 図書館で 偶然借りた 絵本のおかげで
親子揃って 気軽で 楽しい電車の旅が できました。
乗り物好きの男の子って
特に どこで降りなくても
こうやって 電車に乗るだけでも 楽しめるんですよね〜。

お家に帰ってからも ちびのりは
会う人会う人に かなり嬉しそうに
江の電に乗った事を 報告してました。

お金のかからない 気楽な旅。
これなら いつでも 実現させてあげれそうです。



[ 2012/08/18 23:06 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぽん

Author:ぽん

はじめまして。

結婚して6年目に突入。
なみのり君と 笑顔ですごす毎日。
そんな中、新しい家族が増えました。

2008年10月にママになり
新米ママとして 子育て奮闘中。
初めての出産・初めての育児で
戸惑う事も 多い毎日。

そんな中 ちびのりから
教わることは 盛りだくさん。
しあわせいっぱいの こんな毎日
ちびのりとともに
私も 親として 日々成長中。

そして 2010年12月
第2子 どんぐりを出産しました。

2児の母として
ますますパワフルに活動中。

育児のこと そのほか 色んなことを
たくさんの方と情報交換したり、
いろんなお話をブログを通じて
していきたいなって思ってます。

Family
夫:なみのりくん
私:ぽん
長男:ちびのり
次男:どんぐり




育児ブログ・ランキング【年齢別に人気ブログが探せる】

ぽんへのメールは こちらから♪



* * * * * * * * 

メインブログしあわせ☆れしぴでは
我が家の楽しい食卓・おいしい幸せをご紹介中♪
こちらにも、遊びに来てくださいね。
こちらは、ただいま お休み中。

大切な日まで・・・
最近のトラックバック
いらっしゃいませ♪

只今名様 閲覧中♪
大きくなったかな?
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。