スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

家族でイチゴ狩り☆2011

ママと一緒に ハイポーズ♪


先週 市の2歳児子育て教室があり
ちびのりと どんぐりを連れて 参加してきました。
第一部は 2歳児の親子遊びの仕方を体験型で 教えていただき
第二部は イヤイヤ期の2歳時の ほめ方やしかり方について
講義形式で 勉強させてもらいました。

最近特に 人見知りの激しい ちびのり
そして 授乳が頻繁に必要な どんぐりを抱えての
参加だったので ちびのりをなだめて 教室に入るのも 一苦労
そして 入ってからも 今度は どんぐりが 授乳やら う○ちやらで
お話を聞くどころでは 正直 ありませんでした。

でも その様子を お話ししながらも 見ていてくださった 保育士の方が
講義が終わってから 私のところに
「なかなか 聞けなかったよね?今 一番大変でしょ?」
って 近寄ってくれ 私の今の気持ちを色々と代弁してくださって
その事について 色々アドバイスをくださり
それが うれしくって 思わず 涙してしまいました。

その保育士の方と 色々とお話をして 聞いていただいて
なんだか 本来の私を取り戻す事が出来た気がします。
そして どんぐりが生まれ かなりの環境の変化で
精神的にも 不安定な ちびのりへの接し方も
良い意味で 変わってきた気がします。

◆◇  ◆◇  ◆◇  ◆◇  ◆◇  ◆◇


大きくて 甘いイチゴが いっぱい


今年始めに 私の実家で行ったイチゴ狩り
イチゴ大好きで イチゴ狩りから帰ってからも
イチゴ狩りの様子を 楽しそうに話してくれ
そして また行きたいと 何度も言う ちびのり。

そんなちびのりのために
いや そんなちびのりの笑顔が見たくて
とってもお天気のよかった 先週の土曜日
家族四人で 初めてのお出かけ イチゴ狩りに行ってきました。

おいしいよ~


どんぐりは まだ 生後1ヶ月で
私たちが 新米パパ&ママなら お出かけもせず
ゆっくりと お家で過ごすんだろうけど
私たちも 2人目ともなれば やっぱり 上の子優先で
ゆっくり寝ておきたいだろう どんぐりも
あっちこっちへ 連れ出しちゃってます。
だって ちびのり兄ちゃん お外大好きなんですもの(笑)
ごめんね どんぐり~。

こうやって 取るんだよ


初めて なみのりパパさんと一緒に行く イチゴ狩り。
しかも なんと なみのりパパさん この日が
産まれてこのかた イチゴ狩り初体験。

かたや ちびのりは 今回で イチゴ狩り3回目。
すでに ちびのりの イチゴを取る手つきは 慣れたもの。

↑の写真の様に なみのりパパさんに
「こうやって イチゴは取るんだよ」って
ちびのりが お手本を見せながら なみのりパパさんに 講習中(笑)

なみのりパパさんも 「ちびのりの イチゴを取る手つきは 上手い!!!」
って お褒めの言葉。

パパと一緒に♪


講義後 2人で上手に取った イチゴを食べながら
男同士で ハイポーズ。

どんぐりくんにも どうぞ♪


私は 楽しそうな ちびのりやパパさんの姿を 写真におさめたり
途中 愚図り始めた どんぐりをあやしたり 授乳したりで 大忙し。

そんな私の姿を見てた ちびのりは
「おかあさん これ たべてください!!!」
って おいしそうなイチゴを
私のために 摘み取ってきてくれ 渡してくれます。

そして どんぐりにも。
もちろん どんぐりは イチゴなんて 食べれませんが
「どんぐりくんも これ たべてください!!!」
って ちびのりが 直接 どんぐりのお口に イチゴを 届けてくれます(笑)
ちびのりの 気持ちを傷つけない様に
「どんぐりくんは まだ 赤ちゃんだから イチゴが食べれないんだ!」
って いいながら 私が 受け取り
どんぐりに 「ちびのり兄ちゃんが 取ってくれたよ!」
って 報告しておきました。
それが ↑の写真です。

我が強く 暴れ始めたら 本当にてにおえないくらい 大変な 息子だけど
本当に 心の優しい子に 育ってくれてます。
親として うれしい限りです。

お母さん おいしいね♪


どんぐりが生まれ お兄ちゃんになったけど
まだまだ 甘えたい盛りの ママ大好きな ちびのり。
ママに食べさせてもらう イチゴの味は また格別。

あまくて おいしいよ!!!


30分食べ放題の イチゴ狩り。
「イチゴで 本当にお腹いっぱいになるの???」
って 思ってた なみのりパパさんも びっくりするくらい
イチゴで お腹いっぱいになりました。

ココのところ イチゴの相場も下がってきて
いくら 食いしん坊で よく食べる私たち家族とはいえ
元は取れてないかもしれないけど
でも こうやって 自分で 摘み取って 家族で楽しみながら食べれる
それが この狩りもの体験の醍醐味ですよね。

急遽 思いついて 行った イチゴ狩り。
本当に 家族みんなで 楽しめました。

みんなで おいしい笑顔で過ごした イチゴ狩り。
5月までは まだ やっているとの事。

また 行こうね♪




スポンサーサイト

[ 2011/01/31 23:23 ] おでかけ | TB(0) | CM(2)

ありがとう

どんぐりくん チュー!!!


いとこのRちゃんに続き ちびのり兄ちゃんからも アツいキス(笑)
どんぐり かなりの人気者です。

よく笑うよ~


こんな風に人気者の どんぐり。
最近は 私たちがあやすと 大きなお口をあけて
ニコニコ 笑顔を見せてくれたり
あやしている 私たちに 「あ~」とか「う~」とか
喃語で いっぱい おしゃべりをしてくれます。

ベーって お茶目な姿


ベーって 舌を出して お茶目な表情を作ってみたり
おちょぼ口にしてみたり・・・。
本当に 色んな表情に 七変化してくれて
私たちを 飽きさせません。

本当に 赤ちゃんって 癒されますね~。
改めて 実感します。
男の子なんだけど いとこのRちゃんのものを借りてるので ピンクのフリフリおくるみに 包まれてます。
なので よく女の子に 間違われちゃう(笑)



どんぐりくん 泣かないで


このときほど すごくはないけど まだまだ 試練の続いている ちびのり。
行動は なかなか 伴わないけど
口の達者な ちびのりは ↑の写真のように
どんぐりが 大泣きしていたら
「どんぐりくん 泣かないで~」
って言ってみたり
どんぐりが 「くしゃん」って くしゃみをしたら
「どんぐりくんが 風邪引いた~」
なんて言ったりして ちょっぴり お兄ちゃんっぷりを
見せてくれるようになりました。

神奈川への帰省を目前に これだけでも
ちびのりにとって かなりの成長です。

こんな風に 心も体も ちょっとずつ 成長してくれてた
ちびのりと どんぐり。

気がつけば このとき 里帰りしてから 3ヶ月弱。
思った以上に 長い里帰りになってしまいました。

親子とはいえ 子育ての考え方が
両親と 違うこともあったりして
ぶつかることもありました。
実家暮らしが長くなればなるほど
両親に甘えて 私もわがままになってしまったり・・。

それでも 嫌な顔せず 私の体を気遣い
産後の体をゆっくりと休めさせてもらったり
ちびのりも いろんな田舎体験をさせてもらったり・・・。
やっぱり 子供を大切に思う 両親だからこそ
こんな風に 無償の愛を 注いでくれるんですよね。

自分がまた こうして 新しい命を授かり
子育ての大変さを 改めて経験して行く上で
両親のありがたさを しみじみと 実感している私。
里帰りして 本当に良かった。


ご近所の方にも
「ちびのりくんは 本当に 元気で
 神奈川に帰ってからが ぽんちゃんが 大変だわ!」
って 心配されるくらい ワンパクなちびのり。

そんな ちびのりを 朝から晩まで
凍えるような寒さの中も ぽかぽか陽気のときも
付き合ってくれた両親と妹。
体力的にも そして 精神的にも 大変だったと思う。

感謝しても しきれないくらい。
本当に 本当に ありがとうございました。

ちびのりや どんぐりたちだけじゃなく
他の孫のためにも 体に気をつけて 長生きしてね♪




ちょうど 一週間前の木曜日
両親や 妹たちと 涙涙の別れをして
お迎えにきてもらった なみのりパパさんと一緒に
我が家に帰ってきました。

この一週間 慣れない昼間の三人暮らし。
少しずつ ペースを つかみつつありますが
一日終わると クタクタ。
しかも 田舎で鍛えられ 体力が今まで以上にUPしてきた ちびのりは
少々の外遊びくらいじゃ お昼寝をしてくれず・・・。
思っていた以上に 里帰り中の片付けどころか
家事も ママならない状態です。

まだまだ 甘えたい盛りの ちびのり
お兄ちゃんになり 社会勉強の階段を 1段
上ろうとしている ちびのり
そして お外で遊びたいちびのり。

ちびのりの精神面でのケアをしつつ
早く 家族4人暮らしでのペースを つかめて行けたらと思ってます。
まあ 何とかなるでしょう。
悩んでても 仕方がないので・・・(笑)

でも リズムがつかめるまで
こちらのブログを更新する余裕がないかもしれませんが
ぼちぼち ゆっくりペースで
これからも 日々のキロクを つづっていこうと思います。

上の写真は すべて 実家暮らしのときのものです。









[ 2011/01/27 23:40 ] 家族のこと | TB(0) | CM(0)

おじいちゃんの 干し柿

おじいちゃん おいしかったよ!!!


「おじいちゃん おいしかったよ!!!」
と言う ちびのり。
そして そんなちびのりの 言葉を うれしそうに 聞きながら
ちびのりの お口を 優しく 拭いてくれる おじいちゃん。

なんとも ほほえましい 一こま。

おじいちゃんが お口を 拭いてくれるのも
こんな風に 毎回 ちびのりが お口いっぱいに ほおばるから。
ほらっ こんな風に(笑)

おいしいっ おいしいっ


あまりにも インパクトのある写真で 失礼しました(笑)
でも 私の家族みんな この 写真を見て 大爆笑。

おじいちゃん おいしいよ


満足そうに ちびのりが 食べている姿。

「ちびのりは 本当に良く食べるなあ~
 いつも 口が動いてる。
 よく そんな小さな体に 入るものだ!」
って 里帰りして いつも おじいちゃんや おばあちゃんに 言われてます(笑)

畑に行って そこに育ってる お野菜を そのまま採って 食べたり
果物を 採って食べたり・・・。

おしゃべりで ちっともじっとしてない ちびのりが
おとなしく 静かにしてると思ったら
こんな風に 何かを食べている時と 寝ているときだけ(笑)

↑のちびのりは 何を食べているかというと・・・。

いっぱい出来たね!


冬の風物詩 干し柿。
私の実家でも 父が 毎年 ↑の写真のように
倉庫の軒下で 干し柿を作ってます。

「ちびのりが 神奈川に帰ってしまうまでに
 干し柿が 出来上がって
 その干し柿を ちびのりに 食べさせてあげられるかな?」
って 心配しておりましたが 年末年始から 急に寒くなったおかげで
きれいに 干し柿が 出来上がりました。

毎日 おじいちゃんが おいしい干し柿が 出来るように
干し柿を 揉むのですが ちびのりも ↑の写真のように
おじいちゃんと一緒に 脚立に上って
毎日の日課のように もみ作業のお手伝いをしていました。

ちびのりが 手伝ったおかげで
おいしい干し柿が 早く出来たのかも(笑)

おいしそう!!!


「ちびのりが 一番先に 食べてみなっ」
って おじいちゃんが 干し柿を取ってくれてました。
ちびのりも 脚立から 干し柿を しっかり持って
↑のように 降りてきて なんとなんと
一度に 3個もぺろりと 平らげちゃった(笑)

干し芋に 干しブドウ ・ 食べるイリコなど
干してるものは 割と何でも 好んで食べる ちびのりだけど
干し柿って 食べるかなあ~って ちょっぴり 心配してたんだけど
そんな心配 不要でした。

「おいしいっ おいしいっ」
「おじいちゃん おいしいよ~」
って 干し柿を 満足気に 口にするたびに
おじいちゃんに そんな台詞を かける ちびのり。

そんな風に とってもおいしそうに 食べてくれる ちびのりの姿をみて
おじいちゃんも 作り我意があると とってもうれしそうでした。

おじいちゃん ありがとう♪

おかあさん どうぞ!!!



「おかあさん どうぞ♪」
って 私にも おすそ分けしてくれました。

ちびのり どうもありがとね♪

[ 2011/01/18 22:55 ]      2歳 | TB(0) | CM(2)

海で ロッククライミング

北風が 身にしみる・・・。


大学センター入試が行われた 先週末。
年末年始に引き続き 本当に 寒かったですね~。

ほとんど雪の降らない 私の実家でも 積もらないまでも
かなり 雪が 降ってました。

家の中にいても 体の心から 冷える寒さ。
コタツの中で じっとしていたい位の寒さなのに
そんな寒さの中でも 我が家の ワンパクちびのりは
お外で 元気良く遊んでました。

もちろん ちびのりが 外で遊ぶということは
ちびのりに 付き添う人も 必要なわけで・・・。
おじいちゃん&おばあちゃん そして 私が
↑の写真のように 完全防備をして 寒い中 交代で ちびのりにお供。
この写真を見ているだけでも 寒々しい・・・。

親の私は 仕方ないとしても この厳しい寒さの中
おじいちゃん&おばあちゃんに 付き添ってもらうのは
本当に 申し訳ない。。。

おじいちゃん&おばあちゃん
この寒さの中 いつも 本当に ありがとう♪

同じような格好で・・・(笑)


ちびのりの大好きな おじいちゃん。
私以上に ちびのりを よく遊びに連れて行ってくれます。

いたずらっ子で わんぱく者の ちびのり。
毎日のように 何かしら やらかして
おじいちゃんに 怒られているのですが
怒られても 怒られても 「おじいちゃん!おじいちゃん!」
って いっつも 一緒。

本当に おじいちゃんが大好き。
そんなわけで お出かけスタイルも 一緒(笑)


これは ちびのりが 大好きなお出かけスポットの1つ↓

よい~っしょっ!!!


おうちの裏の海岸。
そして 最近 この石垣を登るのが ちびのりのマイブーム。

おじいちゃんが 「登ってみろ!」って 言ったところ
はじめは どこに手をかけたらいいのか 足を置いたらいいのか
迷うこともあり なかなか 要領を得なかったちびのりも
おじいちゃんが ちょっと コツを教えると 見事なまでに 上達。

まるで ロッククライミング


はじめは ちびのりが登っている下で 見守っていた おじいちゃん。
ちびのりが 登るのに慣れてきたら 下にいるおじいちゃんに
「おじいちゃん さきに 登って!」って 自分より先に登らせ
自分は後から ↑のように 登ります。

まるで ロッククライミング。
そんな姿を おばあちゃんと私は 観察しながら カメラで パシャっ。

するする~っと 石垣の滑り台


石垣の上に 登りきると 今度は ↑の写真のように
まるで 滑り台のように スルスルと 降りてきて
また ロッククライミング開始。

今度は ちびのりの 頑張って登ってる姿を 近くから どうぞ♪
これは おじいちゃんが 携帯カメラから 撮ってくれたものです。


石垣ロッククライミング2


どこに 手を置こうかな?
どこに 足をかけようかな?

石垣ロッククライミング


「よいっしょっ よいっしょっ」
って 見ている私の方が 力が入ってしまいそうな 写真。

石垣ロッククライミング3


ちびのりの ロッククライミングの様子が
臨場感あふれる 写真たち。
おじいちゃんの解説付で 楽しく 拝見した私たちです。

こんな風に 田舎で ますます 鍛えられている ちびのり。
本当に いろんな意味で パワーアップしてます。

ベストショットbyおじいちゃん


最後に おじいちゃんが撮ってくれた ちびのりの ベストショット。
おじいちゃんが ちびのりに いい経験をさせてくれてます。

本当に どうもありがとう

[ 2011/01/17 17:22 ]      2歳 | TB(0) | CM(0)

お箸に興味津々

ほらっ 上手にお箸が使えたよ


以前から 少しずつ 興味を示してきていたのですが・・・。
ちびのりに マイ箸を 買ってあげると
「お箸でたべる!お箸で食べる!」
って 時々 お箸を使って ご飯を食べたがるようになりました。

大きく あ~んって お口をあけ
そこに お箸で 食べ物を運んでます。
といっても ↑の時は 頑張って 掴んだのですが
お口に 運ぶまでに 落ちちゃった(笑)

でも この箸使い 意外とさまになってるでしょ?

お箸を使う姿 かなり真剣です


「ちびのり 上手上手!!!」
って ほめてあげると ちびのり自身も 嬉しくなってきて
ますます やる気アップ。

そして こんな風に 真剣な表情で 一生懸命
お箸で ご飯を 掴もうとしています。

ぱくっ お箸で食べると おいしいね


おっ!ご飯 見事に 掴んで お口に 運べた~!!!
すごいすごいっ!!!

やったね!ちびのり。
って かなり親ばかです(笑)

ちびのりが お箸の練習をしている この食卓。
おかずもなく ご飯だけの かなりかなり シンプルな食卓ですが・・・。
これ すでに晩御飯が終わって 片付けているにもかかわらず
ちびのりが 「白いご飯が食べたい!」と
ちびのりが キッチンに居座っているんです(笑)
どれだけ 食欲旺盛なんでしょう・・・。

両手使い これも ありだね(笑)


片手だけでは 上手にご飯がつかめなかったら
時々 こんな風に 両方の手を使ってみたり・・・。

お箸に興味を持ち始めた この時期
まだまだ 完璧には使えない この時期。
こんな両手使いも ありでしょう!!!

完璧を求めるよりも
まずは 興味を持って使う気持ちを 大切にしてあげなくっちゃ。


これからも どんどん お箸を使ってみようね


こんな風に お箸に興味を持って 使い始めた ちびのり。
この記事だけをみると
お箸で食べているくらいだから
普段は 自分でスプーンやフォークを使って
上手に食事しているように 見受けられるかもしれませんが
お恥ずかしながら 実は 逆なんです。

どんぐりが生まれてから よけい甘えるようになり
「お母さん 食べさせて!!!」
って言ってきて ご飯を食べさせてもらったり
口に入れて 食べてると思ったら いきなり「べー」って 出してみたり
お茶や スープなど 汁物だけじゃなく 何でもかんでも
ご飯などにかけて ぐちゃぐちゃと かき回してみたり・・・。

ちびのりが ご飯を食べ終わった後は
見事なまでに 食べ物の残骸で 散らかってる状態。

2歳児に 綺麗に食べるように求めても
まだまだ仕方のない年齢ではあるんだけど
それにしても ここ最近 ますます 大変な状況が ヒートアップしてます。

この時期は 遊び食べが激しくなると 聞くけど・・・。
食事のしつけ。
しっかりしておきたいところだけど
2歳児の食事のしつけ
どんな風に していったらいいのか
今の私の悩みの種の一つです。


↑の写真のように 本当に天真爛漫の ちびのり。
この天真爛漫さに 癒され 助けられることも多いけど
あまりに 天真爛漫すぎて 逆に 大変なことも・・(笑)

まあ これも 贅沢な悩みなんでしょうけどね。


[ 2011/01/15 23:15 ]      2歳 | TB(0) | CM(0)

ヘリコプターに乗った??

ヘリコプターに乗ったよ


イチゴ狩りの帰り イチゴ狩りの近くにある 道の駅で お弁当タイム。
持って行ってた お弁当を食べた後は 遊び足りない ちびのりのために
しばらく 道の駅を 満喫してくれたみたい。
とってもとっても お天気のよかった ぽかぽか日和。

外で遊ぶには 最高のお天気。
ちびのりは こんなすごいものに 乗ってきました。

それが ↑の写真。
もう 嬉しすぎて 大興奮。
嬉しいと 大声で叫ぶ ちびのりは このときも 叫びまくってたそうです。
ニコニコ笑顔が止まりません。

何に乗っているのかというと これです↓

本物の 大きなヘリコプターだ


そう 自衛隊のヘリコプター。
同じ空を飛ぶ乗り物でも 飛行機は 帰省のとき
必ず乗っているので ちょっぴり見慣れた感は あるのですが
ヘリコプターは 乗るのも そして こんなに間近で見るのも 初めて。

空高く 飛んでるヘリコプターや 本でしか 見たことないものだから
本当に こんなに間近で 本物のヘリコプターを見れて
嬉しくて仕方のない ちびのり。

この下 どうなってるんだ???


どんなになってるんだろう?
すごいなぁ~って
ちびのりは ↑の写真のように ヘリコプターの下から 上から
嘗め回すように 観察してます(笑)

残念ながら このヘリコプターは 外から見るだけで
中には 乗れないんだけど・・・。

訓練中???


ちびのり 匍匐前進の訓練中。
自衛隊のヘリコプターに 影響されたのでしょうか(笑)

しばらく ヘリコプターで 楽しんだ後
道の駅に戻り しあわせの鐘を鳴らして 楽しみました。

しあわせの鐘 鳴らしてます♪


肝心の鐘の写真は ありませんが。。。
ちびのりも この鐘を鳴らしたので 幸せになること 間違いなし!(笑)
ちびのりが立ってるところには 幸せの 四葉のクローバー。

多々羅大橋


↑の写真は 広島県生口島と愛媛県大三島を結ぶ斜張橋で
『多々羅大橋(たたらおおはし)』です。
この多々羅大橋を含め 広島県と愛媛県をつなぐ橋は
車だけでなく 自転車でも 通ることができるんです。

なので ちびのりや どんぐりが もう少し大きくなったら
家族みんなで 素敵な景色を楽しみながら
しまなみ街道を サイクリングしてみたいな。

しまなみ街道サイクリングについて
ご興味がある方は こちらを どうぞ♪


イチゴ やっぱり美味しい


イチゴ狩りを楽しんだ後も こんな風に道の駅で楽しんだ ちびのりでした。

↑の写真は 道の駅についてからも
ちびのりは まだ イチゴ狩りで 摘み取った イチゴを頬張る ちびのり。
イチゴ狩りしてる最中にも 本当に たくさん 食べてるはずなのに・・・。
本当に イチゴが大好きな ちびのりです。

こんな風に 私の代わりに ちびのりを 遊びに連れて行ってくれて
私の両親&妹に感謝です。

ありがとう。
そして ちびのり よかったね。





[ 2011/01/13 23:25 ]      2歳 | TB(0) | CM(0)

イチゴ狩り☆2011

いっぱい取ったよ


去年の春 帰省中にも行った イチゴ狩り
とってもとっても 甘くて 美味しかった このイチゴ。
今回の帰省でも このイチゴ狩りに行くのを 楽しみにしてました。

ここのイチゴ狩りは クリスマス時期が終わった頃から
6月くらいまで 楽しめるみたい。
なので 私たちが 神奈川に帰ってしまう前
楽しみにしていた イチゴ狩りに行ってきました。
とってもとっても お天気のよかった 連休初日のことです。

といっても 私は 生後1ヶ月のどんぐりがいるので
残念ながら おじいちゃんとともに お家で お留守番。
ちびのりは おばあちゃんや 私の妹Hちゃんや
いとこのRちゃんと一緒に イチゴ狩りに 出発です。

イチゴをバックに ハイポーズ


去年 行った時には 歩くこともできないので ベビーカーでの参加
しかも まだ 離乳食が始まったばかりで
せっかくのイチゴを目の前に 食べることができなかった Rちゃん。

↑の写真のように もうすっかり 一人で歩くこともでき
もちろん 今回は イチゴも 食べることができます。
でも イチゴは 苦手みたいなのですが・・・(笑)

イチゴっ イチゴっ


イチゴが大好きな ちびのり。
農家の方が もぎ取り方を 説明してくださってるにもかかわらず
真っ赤に熟れた イチゴ目指して 一目散に 走って行ったそうです(笑)

そして 狙った獲物は 逃すまいとばかりに
しっかりと 真っ赤に熟れた イチゴを GET♪

食べてる矢先から 次のをちぇっく


で もぎ取ったイチゴは 一口で ペロリっ。
ここのイチゴ 一口で パクって 食べるには かなり 大きなもの。
それなのに ちびのりは お口を大きく 大きくあけて
お口の中へ。

むしゃむしゃ食べてる この顔。
口から イチゴが 出てきそうなくらい ほおばってます(笑)

そして 食べてる先から 目は 次に摘み取って
食べようとする イチゴを 探してます(笑)

どれだけ 食いしん坊なのでしょう。。。

わ~おいしそう


イチゴを見つめる目は もう うっとり(笑)
そして お口の周りは イチゴの果汁だらけ。

この日は 本当に ぽかぽか陽気。
ハウスの中は 暑いくらい。
なので ちびのりの ほっぺも 完熟のイチゴに負けないくらい 真っ赤っか。

おいしい!!!


そうそう ちびのりに負けないくらい 食いしん坊な Rちゃん。
でも イチゴが ちょっぴり苦手。
お店で買ってきた イチゴなんて
べーって 口から 出してしまって 食べません。

だから 今回 イチゴ狩りに行っても 食べないだろうな~って
誰しも 思ってました。

でも ↑の写真を見てください。
イチゴ苦手な Rちゃんが パクパクと イチゴを食べてるんです。

そう ここのイチゴは 本当に甘いし
しかも 摘みたてで 新鮮っていうこともあって
とっても美味しそうに 食べたそうです。
しかも 「ちょうだいっ ちょうだいっ」って
いわんばかりに イチゴを指差して ママさんに合図まで。

本当に 美味しいものしか食べない かなり口の肥えた Rちゃんです(笑)

いっぱい食べたね


2歳児から 500円の 子供料金がかかります。
でも ちびのりは この料金の元が取れるくらい
かなり いっぱい食べて帰りました。

お家に帰った ちびのりの口からは
甘~い イチゴの香りが 漂っていたことは 言うまでもありません。


このイチゴ狩り
とってもとっても 楽しかったみたいで
お家で留守番をしていた おじいちゃんや 私に
「あそこを通って イチゴ狩りに行くの。」
「赤いイチゴは 甘いの。 緑のイチゴは すっぱいの。」
って 目を輝かせながら 報告してくれました。

そして 「また行きたい!!!」とも。


神奈川に帰るまでに もう1回連れて行ってあげたいけど
(私も行きたいし・・・笑)
でも バタバタして行く日が ないだろうなあ・・・。

今度は なみのりパパさんも交えて 家族で イチゴ狩りに行こうね。

おばあちゃん Hちゃん
ちびのりを イチゴ狩りに 連れて行ってくれて どうもありがとう。


実は このイチゴ狩りの後
ちびのりが喜びそうな場所に 連れて行ってくれてます。
そのことは また今度。


[ 2011/01/11 22:26 ]      2歳 | TB(0) | CM(2)

お兄ちゃんへの 試練

抱っこ☆抱っこ☆だ~い好き


今日は ちびのりが どんぐりを 抱っこしている写真から。
「どんぐり君 抱っこさせて~!!!」
って言って 私のほうに 近寄ってくる ちびのり。

「ちびのり どんぐり君を 抱っこしたの!」
って言いながら とってもうれしそうに 満面の笑みを浮かべる ちびのり。
なんとも ほほえましい 写真です。

ちびのりも どんぐりに かなり興味があるみたいで
こんな風に 言ってくるんだけど
なにせ まだ 赤ちゃんの扱いをしらない ちびのり。
私が目を話している隙に 自分で抱っこしようとして
どんぐりの 腰のところだけを 持ち上げ
頭と足が 下に下がり
どんぐりが 逆Uの字になってたり・・・(汗)

ちびのりが どんぐりに興味を持ってくれるのは
とても うれしいことなんだけど
その反面 ちびのりが どんぐりに 近づいてくると
何をするか わからないので 1秒たりとも 目が離せません(笑)

ここでも 書いたように ↑のような写真だけを見ると
ちびのりも かなり お兄ちゃん業が さまになってきた 感じはするんだけど
実は ちびのりにとって お兄ちゃんへの道のりは かなり険しい(笑)

お兄ちゃんだよ~


↑の写真のように どんぐりへ 優しいまなざしで
「お兄ちゃんだよ!」なんて 声をかけてることも あるんだけどねえ~(笑)


妊娠中から 下の子が生まれたら
お兄ちゃんは 赤ちゃん返りするとか
赤ちゃんに やきもち焼いて 大変だよ!
とか色々聞いていたのですが
やっぱり 我が家のちびのりも そのとおりでした。

昼間は おじいちゃん&おばあちゃんと 畑に出かけたり
海に行ったり お外で遊ぶのに夢中で
特に ちびのりが どんぐりに やきもちを焼いてる感じは
まったく見受けられないんだけど
夜になると 昼間の反動もあってか もう手のつけようがない程。

タイミング悪く ちびのりの寝かしつけと
どんぐりの授乳時間が重なったりすると
「おっぱいダメ!!!おっぱいダメ!!!」
って 大泣き&大暴れしながら
抱っこしている どんぐりを 私の腕から 引き摺り下ろそうとしたり
むりやり 抱っこしている どんぐりの上に乗ってきて
私に抱っこしてもらおうとしたり・・・。

さらに こんな状態で どんぐりへの授乳に関して
かなり 敏感になってる ちびのりは
ぐっすり寝てると思ってても
夜中 私が どんぐりに授乳を始めると
なぜか 気がつき またまた 大泣き&大暴れが始まり
授乳するのも もう 大変。

私に甘えたくて 泣く ちびのり
そして こんな状態だから
上手く おっぱいが飲めなくて 泣く どんぐり。

夜になると ちびのりと どんぐりの 泣き声大合唱。
私のほうが 発狂したくなります(笑)

助産師の方に
「お兄ちゃんを優先してあげてね。」とか
「お兄ちゃんが 欲しがったら 一緒におっぱいをあげても良いんだよ」
「お兄ちゃんが暴れたら ぎゅーって 抱きしめてあげてね」
とか 色々とアドバイスをいただいていたので
私も ちびのりに 「ちびのりも おっぱい飲む???」
って おっぱい作戦を 実行しようとしても
「おっぱい恥ずかしい」って ちびのりは おっぱいを飲むことを 拒否。

本当は すごく 興味があって どんぐりと同じように
おっぱい飲んでみたいっていうのが 私には伝わってくるのに
ちびのりは かたくなに 拒否。

助産師の方の アドバイスどおりには なってくれない ちびのり。

なんとか 私流のやり方を見つけました。
それは 私が 床に 足を伸ばして座り
伸ばした足の上に ちびのりを 寝転ばせる
(私と ちびのりの間では 『足枕』と称して ちびのりは かなり お気に入り♪)
そして 腕では どんぐりを授乳するという方法。

ちびのりも 結構気にいってくれてる この体勢でも
ご機嫌斜めな時には ちびのりが 寝転がってる状態でも
どんぐりを 引き摺り下ろそうとしますが・・・。 

今は この最悪の状態を抜け出しました。
夜中 授乳中に ちびのりが目を覚まして
泣き出したり 大暴れをすることはなくなり
ずいぶん夜中の授乳も楽になりました。

でも 最近は 昼間 この↑のような 傾向が出つつあり
もうすぐ 実家を離れ 私たちだけの生活を 目前に
私の悩みのタネとなってます。

私が抱っこしていると
「どんぐり君 キライっ」
「どんぐり君 おじちゃんに 渡して~」
っていう感じで。


「授乳中以外は 赤ちゃんは 祖父母に預けて
 上の子にべったりしてあげるのが一番!」
って 先輩ママさんたちから 聞いてた私。

昼間も できる限り ちびのりと 一緒に遊んだり
夜寝るときにも ギューって 抱きしめたり
「ちびのりのことが 一番大好きだよ!」
って言うのを アピールしているのですが・・・

お母さんを独り占めしたい ちびのりにとって
お兄ちゃんへの道は かなり 険しいものになってます。


ベットの隙間から よしよしっ


とはいっても どんぐりが泣いてたら
「どんぐりくん 泣かないで~ よしよしっ」
って ↑のように 頭をなでてくれたり
「どんぐりくん おっぱい 欲しい欲しいって言ってる」
って 私に言いに来てくれたり
くしゃみをして 鼻が出てたら
ティッシュペーパーを取ってきて
どんぐりのお鼻を 拭いてくれたり・・・

徐々に お兄ちゃんらしい一面も 見せてくれます。
ちょっとずつ 本当にちょっとずつ
ちびのりなりに お兄ちゃんになってきてくれてるようです。


そうそう どんぐりが生まれて いとこのRちゃんがいる
実家暮らしをして 気づいたことがあります。
 
それは 男の子と 女の子で 赤ちゃんへの 対応が違うということ。
↑の言葉の表現は 間違ってるかもしれませんし
↓の文章も 私の言葉足らずで うまく伝わるかわかりませんが・・・。

もともと 母性本能がある 女の子は
Rちゃんのように まだ1歳であっても
赤ちゃんの どんぐりに対して 本当に お母さんが接するように
優しく 包み込むような感じで どんぐりに触れてくれます。

だから Rちゃんが どんぐりのそばに来ても
私たちは 安心して Rちゃんの動向を 見ていられます。

かたや 母性本能のない ちびのりが どんぐりの近くに来たり
機嫌よく どんぐりを 「よしよし」って 撫でてくれてたりしてても
一秒たりとも 目が離せません。

なぜかというと・・・。
「よしよし」って 優しく 頭を撫でてくれてても
急に 撫でてる手に 力を入れて どんぐりの頭を
ギューギューって 抑えはじめたり
どんぐりの近くを 大きなおもちゃを 振り回しながら
走ってみたり 跳ねてみたり・・・。
いつ 手に持ってる おもちゃが 飛んでくるか
もう 冷や冷や(笑)

わんぱく坊主の ちびのり。
赤ちゃんへの対応を 認識させる前に
もっと基本的なことを 教えないといけないのかもしれませんが・・・。

そして もしかしたら ↑のような態度をとるのは
性別の問題ではなく わんぱく者の ちびのりだけかもしれませんが・・・。


ちびのりは 今まで 2年間も 親の愛情を独り占めして 育ってきたのに
急に 弟ができたから 「はいっ 今日からおにいちゃんになりなさい!!!」
って言われても 到底無理な話。
だって 父親でさえ 子供が生まれてからって
すぐに 父親の自覚ができるわけじゃないですもんね。

だから 私も ちびのりの気持ちも 察しながら
私自身 気持ちをおおらかにして
ちびのりの成長を ゆっくり 見守っていきたいと思います。



[ 2011/01/10 23:05 ]      2歳 | TB(0) | CM(0)

ファーストキス???

いとこのRちゃんと一緒


もうすぐ1歳2ヶ月になる いとこのRちゃん。
どんぐりに とっても興味があるみたいで
いつも どんぐりに近寄ってきては 優しく 眺めてくれます。

女の子だから やっぱり 母性本能があるからかなあ~。
ちびのりのように ちょっかいを出すことなく
本当に 優しく 見つめるって感じ。

そんな いとこのRちゃん。
最近は お気に入りの人に チューをするのが マイブーム。
嫌な人に 「チューして!!!」
って言われても「イヤイヤ」って 首を振って
かたくなに チューはしないのですが
お気に入りの人だと 一目散に近づいてきて
チュー攻撃(笑)

ほらっ こんな感じで↓(笑)

好き好きっ CHU~っ


どうやら Rちゃんにとって どんぐりは お気に入りの人だったみたい(笑)

そして お互い 見つめあい

どんぐりく~んっ!!!


またもや Rちゃんからの チュー。
ちょっぴり どんぐりは 逃げ腰(笑)

それに比べて なんとも 積極的なRちゃん(笑)
やっぱり こんなに小さいうちから 女性のほうが 積極的なのかしら・・・?(笑)
な~んてね。

もう一回 好き好きっ CHU~っ


1つ違いの お姉ちゃんのRちゃん。
神奈川に帰ったら なかなか会えなくなるけど
どんぐりのこと 忘れないでね~。
これからも 仲良くしてね!!!


[ 2011/01/09 22:54 ]      0歳 | TB(0) | CM(2)

どんぐり☆1ヶ月検診

2011年おめでとう


先日1月5日
どんぐりと私の1ヶ月検診に行ってきました。

本来 1月1日が どんぐりが生まれて
ちょうど1ヶ月にあたるのですが 1月1日は お正月真っ只中。
なので 生後1ヶ月より 5日ほど遅れての検診でした。

この日は かなり 風も強くて 寒さの厳しい 曇り空。
時折 雲の隙間から お日様が 顔を覗かせるも
冷え切った体を 暖めるまでの 暖かさにはならず。
どんぐりも 着膨れするくらい 着込んで 万全な寒さ対策。

久々に 向かう産院。
看護師の方や 助産師の方に
「大きくなったね~」「しっかりしてきたね~」
なんて 言われて うれしくなってみたり
入院時期が重なってた 他のママさんや babyちゃんとも
成長を 喜び合ったり・・・。


どんぐりが生まれて 2週間後の検診
順調に 成長してて 助産師さんからも
お褒めの言葉をいただいた 健康優良児のどんぐり。

今回の1ヶ月検診では どれくらい 大きくなってるのかな?
体重は 4キロ後半に なっていると良いな
って思っていましたが 私の予想以上の成長振りでした。

なんと なんと
生後1ヶ月にして 5キロの大台を 超えちゃって
5300gになってました。

またしても 助産師の方から
「母乳だけでしょ?かなり頑張ってるね~
 すごいすごい。本当に この子は 大きくなるわ」
って 言っていただきました。

どんぐりの体重の増え方
どうやら 一日に58グラムずつ 増えている計算になるそうです。

どおりで 太ももも ムチムチになって 肉付きがよく
見事なまでのボンレスハム状態だと 思ったわ。

生まれたばかりの時には 足なんて 折れちゃいそうなくらい
本当に細くて オムツ替えするのも 怖いくらいだったのに・・・。

1ヶ月で こんなに 本当に大きくなりました。

*成長の記録*

   (12月1日 出産時)    →    (生後1ヶ月5日目 測定時)

体重  3572g      →    5300g

身長  48.7cm     →     57.1cm


あっという間の1ヶ月。
2人目ということもあり babyちゃんのお世話も 慣れていると思いきや
やっぱり 始めは 子育て初心者のように
沐浴なんて あたふたあたふた(笑)

ちびのりと どんぐりの2人の子育て
やっぱり 大変です。
今は 実家で たくさんの目があって
ちびのりの面倒も どんぐりの面倒も
見てくれてて 本当に大助かりだけど
神奈川に 戻ったら どうなることやら・・・。

きっと 猫の手も 借りたいくらいに なるだろうなあ。


↑の写真は 1ヶ月検診の時 産院で
待ち時間のときに ちびのりと どんぐりの
2ショットを 撮ったものです。
こうやって 2ショット写真を見ると
ちびのりも お兄ちゃんって 感じはするんだけどなあ・・・。
ちびのりのお兄ちゃんとしての 奮闘振りも また改めて ご報告しますね!

1ヶ月前の今日 生まれたよ


2011年の元旦 16時36分。
ちょうど 1ヶ月前の この時間に
どんぐりが誕生したんだよ!
という記念に 時計とともに 記念撮影。

といっても 私の実家では デジタル時計もなく
しかも 時計も 約5分ほど進めているので
正確な時間と時計の示す時間の 誤差が若干ありますが・・・(笑)

どんぐり これからも いっぱい おっぱいを飲んで
すくすくと 育ってね!


そうそう 2人目ともなると 1人目のちびのりのときと違って
写真を撮る枚数が 明らかに 激減してます。
子供が2人いたら 当たり前だけど
どんぐりのことだけ 見ていたらいい
という状況じゃないので ゆっくりと
どんぐりの写真を 撮ってあげることができないんだけど
でも やっぱり この貴重な 成長の糧を
しっかり 写真や 動画で 残してあげなくっちゃ。



[ 2011/01/08 22:25 ]      0歳 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ぽん

Author:ぽん

はじめまして。

結婚して6年目に突入。
なみのり君と 笑顔ですごす毎日。
そんな中、新しい家族が増えました。

2008年10月にママになり
新米ママとして 子育て奮闘中。
初めての出産・初めての育児で
戸惑う事も 多い毎日。

そんな中 ちびのりから
教わることは 盛りだくさん。
しあわせいっぱいの こんな毎日
ちびのりとともに
私も 親として 日々成長中。

そして 2010年12月
第2子 どんぐりを出産しました。

2児の母として
ますますパワフルに活動中。

育児のこと そのほか 色んなことを
たくさんの方と情報交換したり、
いろんなお話をブログを通じて
していきたいなって思ってます。

Family
夫:なみのりくん
私:ぽん
長男:ちびのり
次男:どんぐり




育児ブログ・ランキング【年齢別に人気ブログが探せる】

ぽんへのメールは こちらから♪



* * * * * * * * 

メインブログしあわせ☆れしぴでは
我が家の楽しい食卓・おいしい幸せをご紹介中♪
こちらにも、遊びに来てくださいね。
こちらは、ただいま お休み中。

大切な日まで・・・
最近のトラックバック
いらっしゃいませ♪

只今名様 閲覧中♪
大きくなったかな?
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。