スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

実りの秋☆稲刈り2012

刈り取った 稲たち


この時植えた 稲。
大きくなったかな〜
どんな風に 大きくなってるのか
見に行ってみようね!
って 夏休みくらいに ちびのり達と 言いながら
既に 稲刈りの季節。

植えた稲の成長過程を 見る事なく
この日が やってきました。

自分たちが植えた稲。
大きくなってるのか 本当に楽しみ♪

ドキドキワクワクしながら 田んぼへ。

こんなに 稲が実ってました


青空のもと 黄金色に輝く 田園風景。
私たちが植えた 稲が
こんなに 立派に成長してました。

お父さんと一緒に♪


のこぎりカマを持って 早速稲刈りスタート。

今回 稲刈り初参加の 我が家。
子供達も 稲刈りするので てっきり
危なくないように はさみとかを 使うのかと思ってた私。
まさか 本格的に のこぎりガマを
使わせてもらえるなんて びっくり。

ちびのりも 最初は なみのりパパさんに
手さばきを 教えてもらって
稲の根元から ザクッ。

このノコギリガマで 稲を切る音。
なんとも 気持ちのいい音。

1人で 刈ったよ


手さばきを教えてもらった ちびのり。
今度は 自分1人で 稲刈りに挑戦!!!

ノコギリガマで 稲を刈るのも
結構 力が入るので 1人で 出来るのか???
って 思ってたけど
これがこれが 以外にも
ノコギリガマを 上手に使いこなして
ちびのり1人で 上手に 稲を刈るんです。

私も なみのりパパさんも
そんな ちびのりの姿に びっくり&感心。

稲刈り 初体験!


ほらっ 1人で稲刈りできたよ!
と 得意げな ちびのり。

お見事!!!

足が 抜けない・・・


でも ココの田んぼ ちょっぴり 難点があります。
それは 田んぼから 水を 抜いてるにもかかわらず
まだまだ ぬかるみだらけなんです。

稲刈りをする時期の田んぼの中って
土は からからに かわいていると思ってました。
実際に 私が幼少の頃 祖父の家での 稲刈りは
踏んでも 沈まないくらい からからに かわいてたはず。

でも ココの田んぼは 一歩踏むと
ズボズボズボ・・・。
足を取られてしまって 抜け出せなかったりします。

↑のちびのりが その状態。
長靴の上まで 沈んじゃって
ちびのり1人の力じゃ 出れません。

それで なみのりパパさんに SOS。

こんな田んぼでは 刈り取った 稲の
根っ子の部分を踏んで立てば
ぬかるみに 沈む事はないそうです。

そうは言っても 何度 田んぼの土に 足を取られ
私も 土と 格闘した事か(笑)

稲刈り 1人で出来たよ!


田んぼの土と 格闘した ちびのり。
最終的には 長靴も脱いで 裸足。
ちびのりにとっては これが 一番動きやすい スタイル(笑)

私も 刈ったど〜!!!


私も 眠いモードの どんぐりを
なみのりパパさんに預けて
稲刈りに 挑戦!!!

私も 刈ったど〜!!!

昔ながらの 稲刈り風景


稲刈り。
この倶楽部の行事の中でも
人気なのかと思ってたけど 以外と参加者は 少なめ。

時期的に 運動会とかと 重なってるのかな。

人が少ないおかげで たくさん稲を刈る事が出来ました。
でも さすがに 中腰でのこの作業。
腰にきますね〜。
昔の人は 全部 こんな風に 手作業で 刈り取ってただなんて・・・。
頭の下がる思いです。

みんなで 刈り取った稲を 束ねます


みんなが収穫した稲は
こんな風に 倶楽部のスタッフの 慣れた方々が
束ねて行きます。

こんな風に 干しておきます


束ねた稲は こんな風に 稲穂を下向けて
竿にかけて 2週間ほど 干すそうです。

かかしくん お務めご苦労様


たくさんの稲の実りを 監視してくれてた
かかしくんたち。
暑い真夏の日差しの中 ご苦労様でした。

このかかし達も 倶楽部の人たちが 作ったものなんですよ〜。
私たちは 残念ながら この企画の時には 参加できなかったんだけど・・・。

バッタいたよ


稲刈りも 早々に飽きた ちびのり達は
泥んこになった 体を洗い
今度は 虫探し。

バッタを発見です。

おっ いた〜


お昼ご飯に 畑で取れた カボチャや タマネギを使った
お味噌汁をいただき 元気になった 食いしん坊な 我が家の息子達。

今度は 野山を駆け回り
虫探しをしたり どんぐりや 落ち葉を拾ってみたり・・・。

自然の中で とっても楽しむ 息子達。

葉っぱで 顔を作りました


落ち葉で ライオンも 作ってみました。

リアカーに乗って 遊ぶ子供達


近くの田んぼでは トラクターを使った
稲刈りの光景を 見る事は出来るけど
こんな風に ノコギリガマを使って 自分の手で
一つ一つ 稲を刈る作業なんて
このご時世 本当に本当に 貴重な体験。

こんな良い体験を 家族揃って する事が出来ました。
ちびのりも この稲刈り とっても楽しかったみたいで
かえって来てからも ずっと
「稲刈り 楽しかった!」って 言ってました。

自分たちが植えた 稲だから
余計に 刈り取るときの 気持ちも違うんでしょう。

この稲が 脱穀などして 白いお米に変身する行程も
ちびのり達に 見せてあげたいな。

次回の 倶楽部の活動が 待ち遠しいです。


稲刈り また来年も 参加しなくっちゃ♪

最後に 実りの秋に 感謝.







スポンサーサイト

[ 2012/09/29 23:26 ] 里山公園クラブ | TB(0) | CM(0)

田植え☆2012

茶色の田んぼに 緑が鮮やか


6月10日
里山倶楽部のイベント 田植えに行ってきました。
本当は この日の前日の9日が 田植えのはずだったのですが
雨で一日延期に。

なみのりパパさんには その予定で
9日には お休みを取ってもらってたのですが
あいにく 翌10日は お仕事。

さすがに 私1人で ワンパク息子達2日を連れて
田植えに参加するのは 難しいんじゃない?
無理せず 今回は 止めたら???
って なみのりパパさんに 言われたのですが・・・。

でも 田植えって 1年に1回。
今回 逃したら 次 ちびのりに
田植え体験をさせてあげられるのは 来年。。。

そう思うと 今日は 行かねば・・・
という 私の使命感というか 変な執念で
2人のワンパク息子達を連れて 田植えに参加してきました(笑)

こんな風に 紐を基準に 植えてます


もちろん どんぐりを 放置して 田植えする訳にも行かないので
どんぐりは 私の背中で おんぶ。
普段 元気で 自分も遊びたい状態だと おんぶを嫌がって 抵抗する どんぐりなんだけど
この時は タイミングよく 眠くなってきたときだったので
抵抗される事なく おんぶさせてくれました。
どんぐり ご協力 ありがとう!!!


なので ちびのりを連れて 田んぼへ GO~。
↑のように まっすぐ 等間隔で植えられるように
ロープを張って それを基準に
みんなが 一列に並んで 稲を植えて行きます。

昔ながらの 手で田植え


ほら こんな感じで♪
始めの 2反は チビッコ達も 参加で 田植えしたのですが
チビッコ達も だんだん飽きてきたのと
奥にある2つの田んぼは 少し深めなので
大人の方専用の 田植えエリア。
なので ココには ほとんど 子供達は 映ってません。

ちびのりが 田植えをしている姿も
記念に 写真に撮りたかったのですが
さすがに 田んぼの中を 動き回る ちびのりの対応に終われ
写真どころじゃありませんでした(涙)

だって ちびのりは お調子者になって
わざと 稲も 目印のトコロ以外に 植えるし
田植えより 泥んこ遊びの方に 夢中になって
みんながこれから 植えようとする トコロに
足で 穴をあけて回るし・・・・

挙げ句の果てには 私が 代わりに 植えてると
「もう 出る!!! 足洗う!!!」
なんて言いだすし・・・。

もうっ!!!って感じです。

ぱっかぱっか 上手に乗れるようになりました


一番先に 田植えを止め 井戸水で
全身泥だらけになった体を洗った ちびのり。
井戸水の冷たさや 手押しポンプで 水を出す事を楽しんだ後
着替えて みんなの田植えをしているところを 見学。

ちびのり自身が 植えた苗は 2・3本だけど
まあ かなり貴重な体験が出来たし
これが 田植えだと言う事がわかっただけでも
私が 頑張って行った甲斐がありました。

よ~い どん!!!


みんなで 田植えをした後は
持ってきてたおにぎりと
スタッフの方が 畑の収穫物で 作ってくれた
お味噌汁と そうめんで ランチタイム。

お味噌汁には 採れたての タマネギや ジャガイモが入ってて
とっても甘くて おいしくって
ちびのりは アツアツにも関わらず
お味噌汁ばっかり「おいしい!おいしい!」って
食べてました。

もちろん そうめんも 去年採れた 小麦で作ったもの。
これも すっごくおいしくって
おかわりまでして 食べましたよ~。

ちびのりは あまりにもおいしかったみたいで
スタッフのおじさん達に
「お味噌汁 おいしかった。タマネギおいしかった
 ありがとう!!!」
って お礼を言いに行ってました。

その言葉を聞いて スタッフのおじさん達も
「それはよかった。また 来てね!」
って にっこり笑顔。

ちびのりのこういうところ 凄いんだよね~。
私も 見習わなくては・・・。


腹ごしらえもおえた ワンパク息子達。
今度は 野山を 走り回る 走り回る・・・。

よーいドン
のかけ声で 兄弟で 競争。

もちろん 勝ったのは ちびのり。

どんぐりも がんばったよ!!!


でも どんぐりも かなり かな~り 頑張りました。
最後まで 諦める事なく 走りきり
疲れ知らずの どんぐりは 何週も何週も
走る 走る。

ゴール地点にいあわせた
「がんばれ!がんばれ!」と声援をくれる
おばちゃんたちにも 笑顔を振りまく事も忘れずに(笑)

田植え 楽しかったよ~



なみのりパパさんが お仕事なのに
私1人で 田植えに行って 大丈夫か?
なんて 思ったけど さすが 母ちゃん!!!
頼る人が居ないとなると いつも以上のパワーが・・・(笑)

どんぐりをおんぶして 中腰での 田植え。
ますます 足腰 丈夫になります(笑)

そして お父さんが居なくて お母さんしか居ない
とわかると 日頃は 甘えん坊な ちびのりも
「今日は 甘えられない」と 小さいながらに思うみたいで
すぐに 疲れたから抱っこ!抱っこ!
っていう ちびのりも この日は 頑張ってくれました。

年に一度の 貴重な田植え体験も出来たし
色んな意味で よい経験が出来た 一日でした。

今度は 秋には 稲刈りだあ~。




[ 2012/06/14 23:35 ] 里山公園クラブ | TB(0) | CM(0)

またまた 田んぼで 泥んこに

冷たくて 気持ちがいい!!!


5月19日
ちょうど 大磯朝市へ 行く前日。
里山倶楽部のイベントの 代掻き
と言うものに 参加してきました。

去年は 参加できなかった このイベント。
今年は ぜひとも参加したいと言う事で
前々から なみのりパパさんに
お休みを 取ってもらうように お願いしておきました。

初参加の私たち家族。
ちびのりたちが 田んぼの中へ入る 準備は
ばっちりだったんだけど
なみのりパパさんや 私の準備が イマイチで・・・。
長ズボンを はいて行ったのは 失敗・・・。

田んぼに入るのは この日以来。
ちびのりも かなり 楽しみにしてました。

今日は 田植え前の 代掻き


実際に 代掻きに参加した私たちですが
代掻きって 何か 詳しく知らないので 調べてみました。
イベントの時に 説明してくれてたのですが
どんぐりや ちびのりが うろうろしてたので ちゃんと聞けなかったので。



代掻きは 田起こしが完了した田んぼに水を張って
土をさらに細かく砕き 丁寧に掻き混ぜて
土の表面を平らにする作業です。

代掻きには次のような目的・効果があります。

1. 田んぼの水漏れを防ぐ。
2. 土の表面を均して 均平にし 苗がむらなく生育するようにする。
3. 苗を植えやすくし 苗の活着と発育を良くする。
4. 元肥をむらなく混ぜ込む。
5. 藁や雑草を埋め込む。
6. 雑草の種を深く埋め込むことにより 雑草の発芽を抑える。
7. 有害ガスを抜き 有機物の腐熟を促進する。

kubotaのサイトより。

でも 私たちは ココまでの作業ではなく
泥の固まりを 踏んで柔らかくしたり
田んぼの中にいる 生き物を 探したり・・・

田んぼの この泥んこに親しむ程度。

ボクは 泥んこは嫌だなあ~


今回は ちびのりだけじゃなくて
どんぐりにも 田んぼ独特の 泥んこを
体験させようと 田んぼの中へ 連れて行ったんだけど
どうやら このぬるぬるが 嫌だったみたい。

嫌がって 泣くので どんぐりは 田んぼの土手で 見学。
いつもは 喜んで 泥んこになってるのに・・・(笑)

泥んこ お風呂だよ~


ちびのりも 最初は ちょっと 嫌がってたんだけど
そのうち 本領発揮(笑)

「お母さん ほら見て~ お風呂!!!」
なんて言いながら 泥んこの中へ
嬉しそうに 座り込む ちびのり。

足が抜けない~ 助けて!!!


そのうち どんどん どんどん 体が沈んで行き
1人で 抜け出せない状態(笑)

「お母さん 助けて!!!」
なんて 言いながらも 嬉しそう。

やっと出れた!!!


ぬかるみに 足が取られながらも
上手に あるくちびのり。

この↑写真は まだ ましな方で
最終的には 全身 泥だらけ。

イベントに参加されてた 他の お母さんにも
「どろんこ大将だね!」って言われるほど。

来ていたTシャツも
洗っても 洗っても 泥染したみたいで
洗濯は 大変でしたけど
この泥汚れも ちびのり達が 楽しんだ証拠と思うと
洗濯の大変さも 吹っ飛びます。

わ~ 色んな虫が居るよ


どんぐりは 結局 田んぼには入らず
土手で 草をむしったり 虫を探したりして
1人で 楽しんでました。

来年は 田んぼで 泥んこになれるかな?

今日も 楽しかったね!


ちびのりと一緒に 田んぼで 泥んこになって 楽しんでた私。
ちびのりのおかげで 服もズボンも
そして かぶってた帽子まで 泥だらけ(笑)

でも 田んぼの中は 冷たくって 気持ちよかったあ~。
本当に 泥パックをした気分(笑)

私たちは 探せなかったけど
ヤゴや いろんな 田んぼに居る 虫達を
スタッフの方や 参加してた お兄ちゃん達に
見せてもらって ちびのりにとっても
貴重な経験になりました。

こうやって代掻きした 田んぼで
今度は 田植えです。

私が小さい頃 おじいちゃんのトコで田植えして以来。
今から とっても 楽しみです。





[ 2012/05/24 23:20 ] 里山公園クラブ | TB(0) | CM(0)

たけのこ掘り☆2012

今年も たけのこ掘り してきました


今年度も 去年度に 引き続き里山倶楽部を 継続した 私たち家族。
今年度最初の 活動は 春のイベントのお楽しみ 筍掘り。

4月に入って 最初の週末。
4月7日に 筍掘りをする予定で 参加したのですが
(記事は まだ UP出来ていませんが・・・)
今年は 例年より寒かったので 筍の生育が 追いつかず
この日の 筍掘りは 翌週に延期。

残念ながら 翌週の筍掘りには 参加できなかったんですが
潮干狩りに 行った翌日 筍掘りに参加してきました。

この日の筍掘りを 今か今かと 楽しみにしてた ちびのり。
もう 筍を 見つけた瞬間
「わ~い わ~い」と 大はしゃぎ。

どんぐりに「どんぐりくん これが 筍だよ!」
なんて ちょっぴり お兄ちゃん気取り(笑)

かけ声だけは 一人前(笑)


2人で 力を合わせて
よいしょ よいしょって スコップで
筍を 掘ります。

どんぐりも しっかりと シャベルを片手に
頑張りました。
しかも 「よいっしょっ よい~っしょ」って
かけ声だけは 一人前(笑)

まだ生後4ヶ月だった 去年
私が 抱っこしての 参加だったけど
今年は もう 1人で 筍掘りを 楽しむまでに。
本当に 子供の成長って 早いものです。



そして 今年度からは 私たちの大好きな
Kくんファミリーも この倶楽部のメンバーになりました。

なので 今回の筍掘り
こんな風に ちびのりと Kくんは 一緒に楽しみましたよ。

Kくん ココにあるよ


「Kくん 一緒に筍掘ろう!」
って それは それは 嬉しそうな ちびのり。

Kくんも
「ちびのりくん ほら~ ここに筍があるよ!」
って 2人とも 楽しそう。

筍 どれくらいの大きさかな~


「この筍 どれくらいの大きさかな~」
って ちびのりは シャベルと 比べっこ。

筍 大きいね~


そして
「Kくん 筍 大きいね~。
 一緒に抜こう」
って Kくんと ちびのりの 共同作業で
大きな大きな 筍GET。

大きいの 採れたよ~


採ったど~
と 大きな筍と 記念に ぱしゃっ。
Kくんと 共同作業で GETした筍も
まるで ちびのり1人の お手柄のよう(笑)

300本ほどの筍が 採れました


この日 筍は みんなで 300本ほど
収穫できたそうです。

一仕事した後の お弁当 おいしいね!


楽しく筍掘りした後は
これまた お楽しみの お弁当の時間。

メニューは 各自持参した お弁当と
スタッフの方が 準備してくださった筍汁。

この筍汁の おいしい事。
ちびのりも どんぐりも
「筍!筍!」
って 筍ばっかり 食べてました。

やっぱり 旬のものは おいしいですね~。
この日は 今にも雨が降りそうな 曇り空で
少し肌寒い天気だったけど
Kくんファミリーと一緒に
今年も 楽しい筍掘り体験が 出来ました。


Kくんファミリーと 遊ぶといつも思う事
それは 頻繁にあってる訳じゃないけど
やっぱり 寝んねちゃんの頃から遊んでるし
初めて出来た お友達だからか
久しぶりにあっても 毎日あってるかのように
仲良く&楽しく遊ぶ お二人さん。
本当に 気が合うんだな~って。

いつまでも この友情 続いて欲しいものです。

海では アサリ
山では 筍を収穫して 楽しく過ごした
我が家の週末でした。


[ 2012/04/24 23:07 ] 里山公園クラブ | TB(0) | CM(2)

炭火で バームクーヘン

生地を 流しつけてます


節分の翌日 お楽しみにしてた 里山クラブのイベント
バームクーヘン作りを 楽しんできました。
↑の写真をみて お分かりの通り
屋外&炭火で バームクーヘンを 作り。

なかなか 予定が合わなかったり
どんぐりが まだ小さいから
暑すぎたり 寒すぎたり・・・っていう気候を避けたりしてたら
幽霊部員になりつつある 里山クラブ(笑)
そうめん流し以来の 久しぶりの参加。
主要な 食べ物イベントがあるときには
参加率のいい 私たち家族。
さすが 食いしん坊一家です(笑)

タイムリーにも ちょうど 数週間前
我が家の卵焼き器と 割り箸を使って
なんちゃって バームクーヘンを
ちびのりと一緒に作って 楽しんだところだったので
今回の この屋外でのバームクーヘン作りも
私だけじゃなく ちびのりも かなり 楽しみにしてました。

小麦の芽を 踏む作業


バームクーヘンだけ作って 午前中で 帰ろう
って 思ってた 私たち。
でも 実際 そう甘くはありません。

バームクーヘン作りは 午後からとの事。
先に 作業をしてから・・・って。

働かざるもの 食うべからず。
はいっ その通りでした。
おいしいトコ取りしようとした 私たちが間違いでした(笑)

なので せっせと 働きましたよ~。
↑の写真は どんな仕事を しているのかと言うと
小麦の芽を 踏む作業。

私たち素人に取って 植物を踏むの??それって 良いの?
って かなり?マークが 頭の中を飛んでたのですが
これが 麦に関しては いいらしいんです。
なぜ 麦踏み作業をするのか スタッフの方が 説明してくださいました。
それは
・穂揃いの均一化
・倒伏し難くする(強い麦になる)
  麦を踏む→傷が付く→エチレン(植物ホルモン)発生→茎が太くなる
  と言う事だそうです。
・分けつの促進(穂の数を多くする)等の目的があるそうです。

凄いですよね~。

今回 私たちが 踏んだこの麦
夏には そうめん流しの そうめんになったり
また 来年のバームクーヘン作りの 生地になったりするんだよね。
がんばって 大きくなってね!

落ち葉を集める作業中


あっという間に終わった 麦踏み。
その後は 山へ移動し 落ち葉集め。
この集めた 落ち葉は 糠などと混ぜて
肥料に 変身させるんだそうです。

大自然の中で 遊びの一環の様な この作業。
ちびのりの 得意とする分野です(笑)

ちびのりも 一人前に 熊手を使って
よいっしょっ よいっしょって 集めてくれました。

かなり 一生懸命 お仕事したので
暑くて 暑くて 羽織ってた 上着は 脱いじゃうほど。

毎年 この落ち葉集めの後 落ち葉のお風呂に入ったりして
子供達は 楽しむそうなのですが
今回は 放射能の問題もあり(この地域は 特に問題はないのですが)
念には念を・・・で 今年は 落ち葉遊びは なし。
ちびのりは かなり 好きそうな 遊びだったので
ちょっぴり 残念でしたが 仕方ないですね。

どんぐりも 土いじり作業中(笑)


この落ち葉集めの最中 どんぐりは・・・というと
ちょうど ベビーカーで お昼寝タイム。

でも ちびのり同様 お外での 泥んこ遊びが
大好きな どんぐり。
集合場所に着いて早々 ↑の写真のように
座り込んで 土いじりしたり 土の上に 寝っころがって
大地の温もりを感じたり・・・(笑)

自然を満喫してる どんぐり。
すっかり どんぐりも 里山クラブの一員として とけ込んでます(笑)

お楽しみのバームクーヘン作り


麦踏み&落ち葉集めが 終わったところで
お楽しみの バームクーヘンの準備が 整ってました。

青竹に 生地を塗り付けて
それを ↓のように 炭火で 焼き上げます。
よく見る お店で 焼いてる バームクーヘンだと
機会が くるくる まわして 焼いてる作業。
ココでは くるくる まわすのは 人。
アナログな 作り方ですが
滅多に体験できない&見る事ができないことだから
みんな 興味津々。

みんなで くるくる アナログ作業で 作りました


竹を くるくる回して 焼く係は
希望すると 誰でも させてもらえるので
ちびのりも 良い経験だからと思って
誘ってみたのですが
みんなに注目されるのが苦手な ちびのりは
「やらない!」だって。

でも 興味はあるので 側で 真剣なまなざしで 見てました。
どんぐりも 遠くから 眺めては いたものの
すぐに飽きて 遊びに走り出す状態。
まあ まだ 1歳2ヶ月なので こんなものですよね~。

ではでは 続きは 長くなりそうなので
続きを読むから どうぞ♪

[ 2012/02/08 23:21 ] 里山公園クラブ | TB(0) | CM(0)

そうめん流し

大自然の中で そうめん流し


週末 日曜日
久しぶりの 里山公園クラブのイベントに 参加してきました。
たけのこ掘りの イベントに参加して以来 本日 3回目の参加。
色々 行きたいイベントもあったんだけど
なかなか 予定が合わず・・・。
かなり 出席率の悪い 私たちです(笑)

でも このそうめん流しも かなり 参加したかった
イベントの一つなので なみのりくんに
無理言って お休みを 調整してもらいました。
なみのりくん どうもありがとう。

↑の写真の様に 緑に囲まれた 大自然の中での そうめん流し。
この準備は 3日間もかけて スタッフの方が
この暑い中 準備してくださったみたい。
ほんとうに ありがたい事です。
私たちなんて というか ほとんどの 会員の方は 事前準備しないで 食べるだけ(笑)

でも このお楽しみの そうめん流しの前に
暑い中 一汗流して 畑のお仕事をしました。

それは これ!

カボチャ 収穫したよ


そう カボチャの収穫。
今年は それほど たくさんならなかったみたいで
20個くらいとかって 言ってたなあ。

この出来たカボチャ
今年は 少なめなので 小さい子から 優先的に
収穫体験 させてくれるとのこと。

2歳児の ちびのり。
優先枠に入れるわ!と思って
ちびのりにも カボチャ体験させようと思ったら
この日は どうやら 気分が乗らなかったらしく
「恥ずかしいから やらない!!!」
と 大泣き&大暴れ(笑)

どんなに説得しても 無理だったので
楽しそうに 収穫体験している 子供たちを 見学。

収穫体験できたのに・・・。


このカボチャ収穫体験。
私は かぼちゃも 身近な畑で育ててる様な 田舎で育ったため
かぼちゃが どんな風に 畑になってるのか どんな形なのか
当たり前の様に 知ってたし
ちびのりも 私の実家の畑で 見たり
近所の畑で 育っているのを 見せてたりしたので
普通に 知っているのですが
この 当たり前の様なことを 今の子供たちは
知らない子の方が 多いんですよね。

スーパーで カットされた かぼちゃしか 見てない 子たちにとっては・・・。
そう言う意味では この収穫体験 本当に 貴重な体験です。


そして 当の本人の ちびのりは そばにある 川で
顔中 どろんこになりながら そして 頭からは
タラタラと 流れる様に 汗をかきながら どろんこ遊び。

もう 上から下まで 全身 ドロだらけ。
着替えを持って行ってて 良かったあ。

「お友達 楽しそうに カボチャを 取ってるよ!!!」
って言うと

顔中 ドロだらけ


「んんん???何か 悪い???」
と 言わんばかりの この顔(笑)

ん???何か 悪い????


そして お楽しみの そうめん流し。
この日は ほんとうに 本当に 暑かったけど
でも 涼しげな 竹の中を 流れる そうめんで
涼を感じながら 楽しく そうめん流しを 楽しんでました。
もちろん 我が家の 食いしん坊一家も(笑)

みんなで わいわい そうめん流し


そうそう このそうめん流しで 流れてくる そうめん
ココで 収穫した 小麦を使って 作ったそうです。
すごい!!!
残念ながら 私たちは この小麦の収穫には 参加してませんが・・・。

流れてきたよ~ そうめんが・・・。


ここでは ガスなどの火は いっさい使わず
こんな風に 薪を使って お湯を沸かし
そうめんを 茹でてます。
なんとも 懐かしい この風景。
私の小さい頃 おじいちゃんのお家で こんな風に
裏山で取ってきた 筍を茹でてたなあ・・・。


風情があって いい感じ


朝から そうめん流しを 楽しみにしてた ちびのり。
カボチャの収穫では 気分が乗らなかったにもかかわらず
さすが 食べる事となると 別です(笑)

自分の前に 流れてきた そうめんを しっかりキャッチ。
なみのりパパさんも ちびのりの後ろで すかさず キャッチ。
どんぐりを 抱っこしてる 私の分迄 取らないといけないので
なみのりパパさん 大変。
知らない方が見ると 「どれだけ食べるんだ???」って状態に(笑)

ちびのり 上手に GET


そして その場で ほおばる ほおばる(笑)
本当は ココは そうめんを 取るだけで 別の場所で
食べないといけないのですが 待てずに 食べちゃってました。


食いしん坊 大発揮(笑)


ちびのりは 食べてるにもかかわらず
大好きなトマトが流れてくると
これまた トマトを キャッチ(笑)

大好きな トマトがきた~


こんな風に ちびのりにとって
始めての 流しそうめんを 体験してきました。

私は そうめんを食べる事より
流されてる そうめんを 取る事を 楽しみにしてたんだけど
なみのりくんが 取ってくれてた そうめんだけで
お腹がいっぱいになり お楽しみは 体験できず・・・。
まあ また 来年 参加して 今度こそ
流れるそうめんを キャッチするぞっっっ!!!

そうは言っても ちびのりが 楽しんでくれたみたいで
私は 大満足。
そして 手作りそうめんのおいしさに 大満足の一日でした。













[ 2011/08/08 23:01 ] 里山公園クラブ | TB(0) | CM(2)

たけのこ掘り☆2011

たけのこ 取ったよ!!!


先週の土曜日 家族みんなで たけのこ掘りに行ってきました。
今が旬の筍。

我が家は 実家の両親が 掘って送ってきてくれたので
既に 筍は 味わったのですが 掘るのは 今シーズンお初。
去年は ちびのりと私は 実家で たけのこ掘り体験済み。
私の実家なら ともかく 私の今 住んでいるところで
こんな風に 家族そろって たけのこ掘りが出来るなんて
去年まで 知りませんでした。
そう去年まで。

実は このたけのこ掘りのイベントは
里山公園クラブという 1年を通して
公園内にある 田んぼ ・ 畑 ・ 森林などで 色んな 里山体験ができる
なんとも魅力的な会員制倶楽部のイベント。
市内の方だけじゃなくて 都内からも わざわざ 参加される方も いらっしゃるみたい。
こういう自然体験が 出来るところって なかなか ないですもんね。

そんなクラブを知ったのは 去年の ちょうど 入会受付期間が 終わってすぐ。
なので 私たち家族が 一年間 首を長~くして 待った お楽しみのクラブなんです。

そして この日は 私たちが クラブ初参加の記念すべき日。
朝から ワクワクしながら 準備万端で 出かけました。

里山公園クラブ初参加


到着すると ↑の写真の様に たくさんの方が 来てて
倶楽部のスタッフの方の説明を 聞いていました。

1班 ・ 2班 ・ 3班に分かれて たけのこ掘り会場へ。
この班分けでの行動も 学生の時以来だったので なみのリくんと2人で
「懐かしいね!」「新鮮だね!!!」なんて言いながら 2人で 大盛り上がり。



大きな筍 みっつけた


筍の掘り方の説明を受け いざ たけのこ掘り開始。
今年は 発育が遅いらしいのですが しっかりと 筍を 見つけました。
結構 大きいでしょ?

スコップで たけのこ堀


たけのこ掘り=くわで掘る
って 私の頭の中にあったのですが なんと 渡されたのは スコップ。
「え~こんなので 筍が掘れるの???」
って思ったのですが 私たちスコップ部隊は 筍の周りの土を 掘るだけ。

ちびのりと なみのりパパさんも 必死で 掘ってます。
筍の根っこは 固いし たくさん張り巡らされてるし
小さな スコップで掘るのは 一苦労。

やっとの思いで ↑のように スコップで
筍の下の根っこの部分が 見えるまで掘ったら
ここで 大きな シャベルや 鍬を持った スタッフの方の登場。

とどめは スコップで!


↑の様に 最後のとどめをさしてくれます(笑)

おいしいトコ取りの ちびのり


そして とどめをさしてくれた 筍は
ちびのりが 登場して 見事GET。
最後の一番おいしいところは ちびのりが 持って行ってくれます(笑)


では 長くなりそうなので 続きを読むから どうぞ♪

[ 2011/04/20 22:36 ] 里山公園クラブ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ぽん

Author:ぽん

はじめまして。

結婚して6年目に突入。
なみのり君と 笑顔ですごす毎日。
そんな中、新しい家族が増えました。

2008年10月にママになり
新米ママとして 子育て奮闘中。
初めての出産・初めての育児で
戸惑う事も 多い毎日。

そんな中 ちびのりから
教わることは 盛りだくさん。
しあわせいっぱいの こんな毎日
ちびのりとともに
私も 親として 日々成長中。

そして 2010年12月
第2子 どんぐりを出産しました。

2児の母として
ますますパワフルに活動中。

育児のこと そのほか 色んなことを
たくさんの方と情報交換したり、
いろんなお話をブログを通じて
していきたいなって思ってます。

Family
夫:なみのりくん
私:ぽん
長男:ちびのり
次男:どんぐり




育児ブログ・ランキング【年齢別に人気ブログが探せる】

ぽんへのメールは こちらから♪



* * * * * * * * 

メインブログしあわせ☆れしぴでは
我が家の楽しい食卓・おいしい幸せをご紹介中♪
こちらにも、遊びに来てくださいね。
こちらは、ただいま お休み中。

大切な日まで・・・
最近のトラックバック
いらっしゃいませ♪

只今名様 閲覧中♪
大きくなったかな?
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。